FX 初心者のための投資術

円高・円安とは?

円高と円安、経済ニュースを見ていれば必ず聞く言葉です。

一体どうなったときが円高と円安なのか、しっかり理解できていますか?ドル/円を例にとって説明してみます。

例えば、1ドル=100円から1ドル=110円になったときは円安です。「円が高くなっているのに円安?」と思ってしまいますよね。確かに、一見すると円が高くなっているように見えます。しかし、円が値上がりしたという視点から判断してはいけません。円安の定義は「海外の通貨に対して、円が弱くなったとき」です。

1ドル=100円から1ドル=110円になると、日本国内で100円だったものが110円になります。一方、アメリカ国内では、1ドル=100円から1ドル=110円になっても、値段は1ドルのままです。海外の値段に対し、日本国内の値段の方が高くなっていますね。これが「海外の通貨に対して円が弱くなる」ということを意味しています。

逆に、1ドル=100円から1ドル=90円になったときは円高です。この場合、日本国内で100円だったものは90円になります。一方、アメリカ国内では1ドルのままです。海外の値段に対し、日本国内の値段の方安くなっていますね。これは海外の通貨に対し、円の価値が強くなったということを意味しています。

ページトップへ

最新オススメ情報

ページトップへ
Copyright(C) 2008 All rights reserved.