FX 初心者のための投資術

スプレッドとは?

FX取引をするに当たって、必ず耳にするのがスプレッドという言葉です。

FXにおけるスプレッドとは、買値と売値の差のことを意味します。例えば、ドル/円の為替レートが「100.12〜100.14」となっていれば、スプレッドは2銭です。ユーロ円の為替レートが「120.12〜100.18」となっていれば、スプレッドは6銭になります。

数多くの業者に口座を開設してみると、業者ごとにスプレッドの値が違うことに気が付きます。ドル/円のスプレッドが1銭になっているところもあれば、2銭になっているところもあります。

実は、多くのFX業者は、スプレッドを調整し、その中から自分たちの利益を確保しているのです。 スプレッドを最も小さくしているのは、くりっく365を採用している業者です。ただし、クリック365採用業者はスプレッドを小さくする代わりに、必ず手数料をとっています。

一方、スプレッドを大きめにしている業者では、基本的に手数料がゼロになっています。

どちらがお得か一概には言うことはできません。結局ある程度の利益を出せれば、多少のスプレッドや手数料はほとんど気にならないからです。

ページトップへ

最新オススメ情報

ページトップへ
Copyright(C) 2008 All rights reserved.